kbst.net
特設サイトホーム読み物スクエアサロンぷみぃ
ホーム 読み物 スクエア みち歩き 交通 ぷみぃ 特集 サロン ヘルプ
Column
真ちょえん的日記
REALとフレッツ光。
2006年09月30日(土)
♪ジャーパネットジャパネット 夢のジャパネット○○○〜


こんばんは。真夜中の電子ショッピングのお時間です。
今晩は2つのとっても素敵な商品をご紹介いたします。

■1
「北九州がとっても素敵に見えてきた」
赤い表紙に大きく書かれた白い文字が印象的なこの雑誌は「REAL」(リアル)という名前。
ひょんなことで知り合った北九州のエディター・Kさんをはじめとするみなさまが作った雑誌です。すごいです。すんげぇです。
この本の中身を、文字を読まずに眺めていたら、きっと「ここって渋谷? 代官山? 原宿?」と言いたくなります。
中身は衣食住をオールラウンドに扱っていますが、中でもモデル起用の“衣”に多くのページを割いています。そのクオリティ(及びスポンサー=ブランド)は秀逸。「北九州ってほんとはもっと着飾っておしゃれができるのね」って、きっと思うはずです。
この一冊をつくるにあたっての、出版サイドの努力は想像をはるかに上回ると思います。北九州を盛り上げようとする人を増やすためには、北九州市民が北九州を誇れるようになることが必要です。その中心的役割をこの「REAL」が担っていけるよう、私も微力ながら(買うことによって、そして言いふらすことによって!)応援していきたいと思います。
「REAL」は、小倉駅3階新幹線口改札前ひまわり通りの「クエスト小倉駅店」、小倉駅ビルアミュプラザ西館5階の「くまざわ書店小倉店」、旦過橋・代ゼミ前の「クエスト小倉本店」などで発売中(480円、税込)。真ちょえんマイミクで北九州市内に在住の方は“絶対に”買いましょう。
また、真ちょえんマイミクで北九州市外に住んでいる方で、“欲すい”という方は、真ちょえんまでご一報ください。なんとかします。


■2
今お使いのインターネット回線、満足していますか? 遅くないですか? 断線や不親切なサポートに悩まされていませんか?
そんな方におすすめなのが、高校時代の旧友がベスト電器小倉本店で販促している「NTT西日本・フレッツ光」。
昨晩、4年半ぶりに旧友と同店で再会。“ネットしてない人とかおったら、言ってみるよ”などと口約束をしてしまったので(笑)、ちょっと紹介してみました。いい奴ですので、ぜひインターネットでお困りの際は、小倉駅北口・ラフォーレ原宿兇1階(ベスト電器小倉本店)にいる青い服を着た中肉中背の男性に声を掛けてみてください(笑)


というわけで、この時間の電子ショッピングはおしまいです。
このあとは、引き続き「kb.st」でお楽しみください。

買ってしまった。
2006年09月27日(水)
というわけで、残念ながら、LUMIX FX-07を購入してしまいました。
512MBのSDカードを付けて、3万5000円。送料無料。
電気街の店頭に比べると高いかもしれませんが、いかんせん山口に住みながら入手するわけですから、“最安値”と言ってもよいでしょう!?

この機種の特徴は、「広角レンズ」と多彩な撮影モード。
風景を撮るときに威力を発揮しそうですので、後日、撮影した写真を載せたいと思います。
あと、ザウルスがSDカードに対応しているので、撮影した写真を、ザウルスに読み込んで、ザウルス上で加工し、AirEDGEや無線LAN回線を使ってウェブにアップロードするという荒業?も可能になりました。旅行には便利ですね。


ぬほ。これを買ってしまったので、「Wii」は買えなくなってしまった。。残念っ。さすがに「Wii」は値崩れしないだろうしなぁ。。。

いくらやねん。
2006年09月24日(日)
デジカメを新しくした〜い。


昨晩、ベスト電器に行って、パナソニック・LUMIXの実機を試してきました。
やっと重い腰を上げたのです。

“広角で撮れる”というのが条件。
候補は、LUMIX LX-2またはFX-07。
実機を触ってみた感想ですが、LX-2はレンズの出っ張りが気になってしまった。カタログを見たときは、出っ張りはそれほどでもないだろうと思っていたのですが、これでは取り出すときに他のものに引っかかってしまいそう。一方のFX-07は、同性能のキャノン製品に比べて軽く、こちらのほうが携帯には優れているようです。

というわけで、LUMIX FX-07に絞って、購入を考えるわけですが、おもしろい(?)のは値段。
ベスト電器の店頭価格は、1GBのSDカードがついて4万7800円。とてもじゃないけど買えません。店員さんに「SDカードなしだとどのくらいですか?」と聞いてみると、「いやぁ、もともとこの値段ですからね。4万5000円くらいにしかなりませんよ…」と笑顔で言われてしまった。
ベスト電器に来る前に、実勢価格を調べてみようと、いろいろとネットで検索していたところ、ベスト電器のネットショップ「e-best」では、同機種が3万6800円で売られていました。この点がどうしても納得がいかなかったので、同じ店員さんに続けて「ネットでは3万6800円ですよね。店頭とこんなに違うもんなんですね」と言うと、店員さん曰く「そうなんですよ。あっち(e-best)のほうが安いんですよ。矛盾してるでしょ〜。でもしかたがないんですよね(笑)」と。
う〜む。首をひねりながら、もちろんそこでは買わずに、“上お得意様特典”のお買い物バックだけはちゃっかりもらって帰ってきました。

結局、やはり安いネットショップで買う予定。
LUMIX FX-07は、全国のネットショップでものすごい勢いで価格が下がってきています。発売時実勢価格がネットで4万8000円前後だったのですが、ついに3万円割れ目前。

それにしても、ここまでネットショップと店頭との価格差が広がってくると、通販慣れしている私でも違和感を感じてしまう。
 4万8000円 ←当初小売価格
 4万7800円 ←ベスト電器店頭価格
 3万5800円 ←amazon販売価格
 3万  30円 ←ネットショップ最安価格
う〜む。
こうやって並べてみると、異常さが浮き彫りに。大量生産が可能なコンパクトデジタルカメラは、卸値に比べると利幅のある商品ではあると思います。しかし、ここまで値崩れすると、「元はいくらやねんっ!」とツッコミたくもなりますね。

涼しくなってきた。
2006年09月23日(土)
暑さ寒さも彼岸まで。
ここ数日はやや汗ばむ陽気ではあるけれど、ひと頃に比べるとめっきり涼しくなった。ここ、盆地・山口では朝晩は肌寒ささえ感じる。
季節は移り変わる。
過ごしやすいけれど、寂しさを隠さない“秋”の訪れ。


馬鹿役所、督促状。
2006年09月23日(土)
山口市は自分たちのミスまで納税者に責任転嫁して、庶民から金をもぎ取る気なのだろうか?
半端な殿様商売はやめてほしい。

今日、家に帰ったら、いわれなき「督促状」が届いていた。
すでに(6月に!)手続き済みなのに、さらに「金を払え」だと。
馬鹿らしい。実に馬鹿馬鹿しい。
すぐに馬鹿役所に電話したが、宿直しかおらず。曰く「月曜になりますよ」。
督促料は微々たる額だし、無駄に役所に足を運ぶのも面倒だから、払ってもいいが、同様のケースで泣き寝入りしている“被害者”も多いのではなかろうか。
とはいえ、馬鹿役人とは争いたくもない。督促状にはご丁寧に、「期限内納税推進の都市、山口市」などと書かれていたが、「期限内納税しても徴収の都市、山口市」に変えたほうがいいと思う。

あ〜あ。せっかくいい一日だったのに、最後にこんなオチが待っているとは。
そろそろ山口市から出て行こ。役人の町は嫌いだ。


[もうちょっと感情のこもった文章はmixi日記にて]

きのこ芸術センター。
2006年09月21日(木)

山口情報芸術センターの前にある中央公園で17日に撮影。
食えるのか!?
いや、食えないだろう。

タイでクーデター。
2006年09月20日(水)
タイでクーデターが起きた。
この国は、今までもさまざまな動乱が起きてきたので、政変は何も珍しいことではない。けれども、90年代半ばからは民主政治がかなり浸透。97年の通貨危機以降も経済成長は目覚しく、今回もクーデターまでは至らないと考えられていた(タクシン政権がらみのニュースは私も新聞で得ていたが、“選挙”で国民が選択すると思っていた)。だが、陸軍の首都制圧で、経済成長に陰りが出るのは必至。タイ経済が再び厳しい立場に立たされる可能性もある。
写真は04年のバンコク。新交通システムや地下鉄が走り、超高層ビルが立ち並ぶ。日本の百貨店もある。シンガポールや香港に並ぶ南・東南アジアの中枢大都市だ。また、2枚目の写真はこのとき行われていたバンコク市長選立候補者の看板。選対ウェブサイトを設ける候補者もおり、クリーンな選挙が行われていることが伺える。
今回、クーデターでタクシン政権を追いやったのは、非常に悔やまれることである。アジアにおける新興工業国は、なぜ民主化が求められているのかをミャンマーや北朝鮮などに説くべきであった。発展の極みを行くタイがこうしたことで脆さを露呈してしまったことは残念でならない。
日本政府はタイの良きパートナーでもある。東南アジアのリーダーたるタイの民主化を希求しつつ、タイ経済が混迷に陥ることのないよう、投資の急な撤退を抑制するなどの措置が必要だ。





♂ですってば。
2006年09月19日(火)
先日、山口のとあるスピードカットの理髪店に行った。
10分1000円。
小倉では時間のないときやお金がないときなどに、時々使っていたけれど、山口で使うのは2回目。

入口にある券売機に1000円を入れて、チケットを受け取る。それを店員に渡して切ってもらうというしくみだ。
この日も、そうやってチケットを手に店員(♀)に渡した。

 店員:どんな感じに切りますかぁ?
 おいら:そ〜ですね。とりあえず梳(す)いて…
 (店員、ちょっと驚いたあと、隣の人と何か話す)
 店員:あのぉ、失礼ですけど、男性…ですよね…?

店員は、おいらの声を聞くまで、「女」だと思っていたらしい。。。
う〜む。
まぁ。無理もないか…。
切る前は、髪、けっこう長かったし。体型、全体的に丸いし、ちっちゃいし。
ん〜。
あ。もしかして、何もしゃべらなかったら、どんな感じにカットされてたんだろう!?
あはははは。
あは。
はぁ〜あ。


なんか、こういう話って、文字にして書いたらただ単にきもいだけだね。反省。不快な思いをさせてごめんなさい。
またあした。

記録として。台風。
2006年09月17日(日)
山口は午後3時頃から猛烈な風が吹き始めました。
午後7時くらいから電気は点いたり、消えたりを繰り返していますが、“停電”までには至っていません。
ケーブルテレビ(NHK、民放含む全チャンネル)は午後9時頃に映らなくなりました。また、ケーブルテレビ局が敷くインターネット回線も午後9時過ぎにはダウン。
仕事は山積み。インターネットは必要なので、やられたぁ〜と思いましたが、エアーエッジは低速回線ながらまだ繋がっています。ほっ。
携帯電話も今のところ大丈夫。
だけれど、停電した場合はすべての基地局も同時にダウンする可能性がありますので、今後しばらくは警戒が必要ですね。


あとはぼやき。
なんで〜、台風が来る直前に〜、アイスクリームの割引をするかなぁ〜。アルク(←山口の地場スーパー・丸久が運営)さんよぉ。(泣)

悪夢のデパート。
2006年09月16日(土)
今朝、午前3時ころに、悪夢にうなされて目が覚めた。
そして、それから午前6時に起きるまで、夥(おびただ)しい数の悪夢を見た。
閉じ込められたり、置いてけぼりにされたり、追っかけまわされたり――。ありとあらゆる悪夢が“フラッシュニュース”のように次々と襲い掛かった。
寝た気がしない。
ここ数週間は悪夢を見なかったけれど、こんなにも一気に見てしまうとは。。
疲れてるのかな。。。
っていうか、きのうは疲れたから、お風呂につかって、「きょうはぐっすり寝られるなぁ」などと思っていたのに。
なんとも。

Yahoo!カテゴリ登録へ。
2006年09月12日(火)
ST.の“総合検索”をさらにパワーアップさせた「路線バス総合検索山口県央版」(http://busline.kirara.st/)が、Yahoo!のカテゴリに登録されることとなった。一両日中にも正式に登録・更新されるであろう。

それにしても、今回は、申請から認可までのスピードが速かった。サイトの公益性や社会性、情報量などが基準を十分に満たしていたのだろう。

秋の行楽シーズンや国民文化祭を目前に控え、こうしたサイトが、Yahoo!のいわば“お墨付き”を得たことはとても大きいと思う。

ただ、サイトを維持していくためには、サイト掲載の広告をクリックしてもらうなど、収益を図らなければならない。公益性の高いサイトだけに、クオリティを保ち続けられるよう今後も努力していきたい。

M.シューの決断。
2006年09月11日(月)
アロンソが白煙をふかしたことで、M.シューマッハが2ポイント差まで縮めた。108ポイントと106ポイント。皇帝が再び、アロンソから首位を奪取する場面が見られそうだ。


M.シューマッハが引退を決意し、レース後、胸の内を語った。
「今回このような形で優勝できてよかった。私自身の今後についてもいろいろと考えてきた。やはり、この一戦でファンのみなさんにお話すべきだと思いました。まず、(発表までに)時間がかかったことをお詫びいたします。今シーズン限りで引退することを決意しました。モータースポーツの世界に入って30年以上。素晴らしい経験、貴重な体験ができました。特に自分の家族に感謝しています。父、亡くなった母、妻、子どもたち――。家族の支えがなければ生き残ることはできませんでした。家族だけでなく、仲間にも感謝しています。エンジニアの仲間、友達のことを考えると(引退は)後ろ髪を引かれる思いでした。今がやはり決断のときだと思いました。マッサのために、私がはっきりと決めておく必要があると思いました。私の後任ですが、私もすでにそのドライバーの名前を聞かされています。(私は)あとは残りの3戦に全力を尽くします。チャンピオンシップにももちろん挑戦します。ファンの皆さんにも感謝申し上げます」


M.シューマッハの引退に関しては、後日、また詳しく触れることにします。

にしゃんたさん。
2006年09月08日(金)
「ニューズウィーク(NEWSWEEK)日本語版」は定期購読している雑誌の一つ。
さきほど、ポストに入っていた最新号の封を開けて、中を見た。
「ん?」
どこかで見たような顔が表紙にあった。
んんん?
んんんんんんん?
にしゃんた先生やん。
んもぉ、おどかすなよ。
って、マジで!?

声援。
2006年09月07日(木)
貴方が言葉を覚えたのは
悲しみ知るためですか
どうか何度も泣いてください
うれし涙に出会うまでは
春の陽射しを見つけるまで
誰もが寒い旅人なんです――

大地耕す人の手が泥にまみれている様に
心も働けば汚れるものさ
人を愛したり憎んだり
笑顔ばかりで生きてる人は
怠け者だと気付いてくれ
手探りしながら生きてる貴方に
僕は声援送ります

夢を目指して走り出すとき
みんな寂しいマラソンランナー
声をからして貴方の背中に
僕は声援送ります――


海援隊(および武田鉄矢)の名曲「声援」。
サビは「がんばれ がんばれ 頼む がんばれ がんばってくれ」というフレーズの繰り返しだけれども、ボロボロになりながらも生きようとする“貴方”を、愛し、励まし、なぐさめている人の姿が思い浮かぶ。
冒頭の「貴方が言葉を覚えたのは悲しみ語るためですか」は、とても強くて、とても残酷で、そして、とても真実な言葉だ。“貴方の悲しい話は聞きたくないけれど、悲しみを振り切って自分の道を見つけるまでは、泣いてもいいし、傷つくのを厭わないでほしい”という“僕”の温かさを感じる。けれども、きっと、声援を送る“僕”も、泣きたいほど悲しい。“僕”は、“貴方”に声援を送ることで、自分をそこに投影しているのかもしれない。
“僕”は、本当は、“貴方”が自分の道を行くことがとてもつらくて泣きたい。けれども、“笑顔ばかりで生きてる人”に徹しながら、“貴方”を見守っていくしかないのだと気付いてきている。“僕”は“貴方”がきっと好きなのだから。




今日、徳山の殺人事件で容疑者として手配されていた男子学生が遺体で見つかった。自殺だという。
男子学生は、おそらく、彼が殺めてしまった(のであろう)女子学生を好きだったのだと思う。愛ゆえに、離れていく彼女を自分の手の中に収めておきたかったのかもしれない。
「歪んだ愛情」と誰かが言う。けれど、彼はちょっと正義感が強すぎて、ちょっと独占欲が強すぎただけだと思う。自分に向き合う余裕がもう少しあれば、そして、彼女を見守ることも“愛”なのだと気付くことができれば――。彼は若すぎた。
19歳。さまざまな愛情の片鱗を知る頃。得体の知れないものを得ようとして、時に無力に、時に暴力的になる。多くの人が経験する人生の転機。頭の良い、悪いでは判断できない体と心の崩壊が、誰にでも起こりうる。
瓦解を見落とさぬよう、慈悲深く、見守り、励ますことが必要だ。温かい心を向けてあげることは、周りにもできる。

おめでとうなりごちそうさま。
2006年09月07日(木)
Tさんの誕生日パーティー(?)にお呼ばれ。
玄関を開けたら、すでに“Uっちー”がキッチンに向かっていた。
“Uっちー”がキッチンに向かっているということは、今宵もおいしいものが出てくるということ(爆)。
案の定、おいしかった!☆
お祝いをする側だったのに、いろんなおいしいものをいただけて、感謝感謝。多謝。ニーハオ、シェイシェイ。


内輪ネタごめんなさい。
というわけで、内輪ネタじゃないものも。


おうちにスヌーピーのボウルが3つもある。
セブンイレブンのお弁当やパンを買ったら付いてくるポイントを90ポイント集めたことになるわけだ。(100円で1ポイント)
もちろん、90ポイントすべてを一人で集めたわけではなく、友達やお仲間にもらったのも含めているけれど、とはいえ、5000円くらいは使ったことになるのだろう。
恐ろしい。。
セブンイレブンが近すぎるからいけないんだ!(ぷんぷん)
でも、便利だから、、、ねぇ〜。


これも内輪ネタだね。
ごめんね。

じゃあ、寝るね。
おやすみ。

危険な地下道。
2006年09月06日(水)
地下道は危険だ。自転車が地下道を猛スピードで駆け下りてくる。
先日も、地下道を歩いていた高齢者と中学生らしき男の子が乗った自転車とが“あわや”という寸前で接触を免れた現場を目撃した。あのままぶつかっていたら、高齢者は地下道の壁に吹っ飛んで激突していたかもしれない。
地下道の入口には「自転車はおして」と書かれているが、それを守る人は少ない。中高生に限らず、子どもを乗せたお母さん、タバコを吸いながらの中年男性など、あらゆる人がスロープになっている地下道を一気に駆け下りて、その惰性でもって反対側の坂を駆け上っている。最高速度は一般的な時速15kmをはるかに上回るだろう。時速30kmほどあるかもしれない。この状態で転倒したり、歩行者に接触すれば命に関わる可能性もある。
だが、責任の所在は、自転車利用者だけにあるわけではなかろう。
山口では地下道がやたらと多い。本来は横断歩道でも事足りる交差点にまで地下道を設置し、横断歩道を外している。交差点のたびに地下道を潜っていては時間や体力をロスするばかり。それゆえ、地下道を爆走する自転車や、地下道を通らずに車の間をぬって道を横断する歩行者・自転車が跡を絶たない。道路を無理に横断しようとして車と接触してしまう事故が、地下道のそばで多いというのは皮肉な話だ。
自転車や歩行者の安全指導を徹底すると共に、横断歩道と地下道を同時に敷くなど、対策が必要だ。
地下道を爆走する自転車と、悲鳴を上げる高齢者。その高齢者が弱った足腰をさすりながら地下道を上り下りする姿を役人は見たことがあるのだろうか。車を優先しすぎたことの代償はあまりにも大きい。

迷惑メール考察。
2006年09月04日(月)
13   11   35   57
14   15     49  
15     23 38  
16   15 24 
17   16 25 
18     20     59
19 08         52
20   16     48 
21           54


さて、どこの時刻表でしょう!?

実はこれ、迷惑メール(スパムメール)が届いた時間。
何か法則性はないものかと思って並べてみた。

おもしろいことに、迷惑メールが届く時間は、午前10時から深夜0時の間に集中しており、深夜から朝にかけてはほとんど来ていない。スパムメールを送りつけている人は、どうやら朝が苦手のようである。最盛期は夕方から夜にかけてであるが、1時間の中では、毎時15〜25分にかけてと、50分〜00分にかけての間に集中している。テレビの30分番組でも見ながら、その合間合間に送っているのだろうか。

最近は、実在するような人物名を名乗ったり、メールアドレスから相手の名前を想像して「○○様にメッセージが届いています」などとあたかも“本物のメール”であるかのように偽ったりと、手口は巧妙化している。

パソコンのメールソフトは、迷惑メールを開くことのないよう対策しているが、それにしても、不愉快な話である。

青い。
2006年09月02日(土)
「あおい」とタイプして、変換してみよう。
「青い」「蒼い」「碧い」などと出てくる。日本語には、色や香りや季節を表す言葉がたくさんあって、「あお」も例外ではないというわけだ。
広辞苑第5版(新村出編、岩波書店)にはこんな説明がある。
「一般には『青』。くすんだあお色や血の気のないあお色には『蒼』、浅緑色から濃青緑色では『碧』も使う」
なるほど。南洋の碧い海、蒼い顔をした青年…。そんな用途に分けられると言うわけだ。
ところで、そもそも、広辞苑でひらがなで扱っている「あお色」とは、どのような色を指しているのだろうか。ちょっと青のイメージを思い浮かべてほしい。信号のあおか、空のあおか、はたまた、インターネットエクスプローラーのアイコンのようなあおか――。
ふたたび広辞苑。「青」を引いてみると、「一説に、古代日本語では、固有の色名としては、アカ・クロ・シロ・アオがあるのみで、それは明・暗・顕・漠を原義とするという。本来は灰色がかった白色をいうらしい」とある。――硯(すずり)になみなみと水を注ぎ、墨をわずかに磨る。極めて薄い墨汁が出来上がったら、それで半紙に文字や絵を描く。これが、日本固有の「あお色」というわけだ。
この色は空の青に近かったかもしれないし、息吹く春の野の色に近かったかもしれない。大海原にも、葬る死者の顔にも似ていた。薄い灰色だった「あお」は、こうしてさまざまな色を指す言葉に進化していったのであろう。

青二才の戯言でした。

それでも吹くのですか。
2006年09月01日(金)
 山口線が5分ほど遅れて新山口駅に着いた。
 乗り換えるべき山陽本線は、山口線の遅れを考慮して、山口線の到着から3分後くらいに発車するのが普通である。とはいえ、山陽本線の定刻は過ぎているので、山口線が着いた2番線の狭い階段を駆け上がって、山陽本線のホームへと急いだ。
 ところが、あろうことか、その山陽本線のホームでは、上り列車の車掌が笛を階段に向けて何度も吹いて、山口線から乗り換えてくる乗客をせかせていた。私は2番線の階段が狭いことが分かっていたから、階段に近い出口から電車を降りたし、可能な限り急いだ。それだのに、けたたましい笛を吹かれて、正直、カチンときた。
 山口線の乗客には高齢の方もいた。旅行鞄を持った人もいた。階段を駆け上がれない人や、乗り換え電車が停まっている4・5番ホームの場所がにわかには分からない人がいたわけである。
 私の隣にすわっていたお年寄りが、目的の電車に乗れたのだろうか。案ずるばかりである。

2005年11月 12月 
2006年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2007年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 
2013年08月 
2014年01月 10月 12月 
2016年01月 07月 
 気になったら世界中から検索
© kbst.net